放射線部

最新機器により、質の高い医療の提供を目指します

病気発見の手段として放射線を用いた検査を実施することは一般的で、医療機関で実施される最初の検査のひとつと位置付けられています。西宮回生病院放射線部では、MRI検査・X線検査・CT検査・透視検査・骨密度検査・嚥下造影検査を行っており、そのほとんどの機器には最新のデジタル画像診断装置を導入しています。
当院で導入している検査機器の一部をご紹介します。

CTスキャン

CTとは、体にX線を照射して透過したX線のデータをコンピュータで解析して体内を画像化する装置です。
当院では、マルチスライスCT(16列)を導入しており従来の装置に比べ高画質でありながら、被爆低減、検査時間の短縮が可能です。全身の精密検査が受けられます。
CTスキャン

MRI

MRIとは、強力な磁石で出来た装置の筒の中に入り、磁力と電波の力を利用して、体内の断面像をあらゆる方向から思いのままに、全身を診ることが出来る装置です。わずかな病変も見逃さない鮮明な画像は腫瘍等の早期発見や脳ドックに威力を発揮します。
放射線を使用しませんので被爆の心配がなく、さらに頭部・頚部の血管のスクリーニング撮影は、造影剤を使用せずに出来ますので、人体に悪影響を与えずに検査が行えます。
MRI

MSONIALVISION G4

SONIALVISION G4は、通常のX線テレビシステムとしての用途に加えて、骨密度測定(Smart BMD)や長尺撮影(SLOT Advance)、デジタルマルチスライス断層(Tomosynhtesis)など多様な機能を備えています。
徹底した被爆低減機能を搭載し、幅広い年齢・体格に合わせた設計のため、安心・快適に検査が行えます。
SONIALVISION G4